会社設立を代行してもらうときの料金には注意

会社設立を代行してもらうとき、格安の料金を設定している事務所には気を付けておきましょう。

代行業者の多くは税理士や弁護士と提携しています。無料もしくは格安の料金を設定しているが、本当の目的は長期的な顧問契約を結ぶことにあるケースのかもしれません。格安の代行業者すべてがそうというわけではありませんが、安い料金にはなにか理由があると考えましょう。あらかじめ料金の相場を調べること、そしてその金額と大きくかけ離れた料金設定がされている場合には注意することが大切。

会社設立を電子定款を作成してくれる代行業者に依頼することでは印紙代の4万円が節約できるという明確なメリットがあるので、代行してもらうこと自体はおすすめです。4万円が節約できるというメリットがあるのですから、数千円を惜しんで怪しい会社を利用することは避けましょう。電子定款の作成だけをしてもらうときの相場としては7千円前後となりますので、それよりも安すぎるところはなんらかのカラクリがあるのでしょう。

会社設立で税金の相談などもしたいという場合には税理士がおおすすめです。意外なことですが、弁護士はあまり利用されないそうです。なぜなら、税金のことなら税理士のほうが専門ですし、登記のことなら司法書士のほうが専門だからです。弁護士は法律業務ならなんでもこなせますが、特定のジャンルにおける専門性については税理士や司法書士のほうが優れている部分もあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *