会社設立代行を使えば素早く会社を作れる

これからベンチャー企業を立ち上げたいときには会社設立代行を使うのがいいでしょう。

これは会社を作るときに面倒な作業を手伝ってくれるのが特徴なので知っておくといいです。中には0円で作業を行ってくれるサービスもあります。0円と聞くと怪しいイメージがありますが、どういう構成をしているか気になるところです。これは設立をするときに専門家の手数料が0円になるので決してただで設立できという内容ではありません。

ちなみに会社を作るときには収入印紙代として4万円と定款認証手数料が5万円、謄本手数料が2000円で登録免許税が15万円かかるのが特徴です。合同会社だと登録免許税が6万円で謄本手数料はかかりません。最近は電子定款を使っているので設立のための費用もかなり安くなっているのがメリットです。定款は会社のルールや設立のための目的を書いた書類で、必ず作ります。

自分で作ると結構な費用がかかってしまうのですが会社設立代行業者を使うと格安で作ってくれるので便利です。設立の手伝ってくれる業者は税理士や行政書士といった人がいますが、基本的に法務局への登記ができるのは司法書士のみなので理解しておきましょう。ですが司法書士がいる業者を探すと言うわけではなく社内に司法書士がいるサービスを見つけるのが基本です。通常の会社設立代行業者とほぼ同じ内容なのが0円業務の特徴と言えます。ただ契約書の内容は若干違うのでチェックしておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *