会社設立の登記の手続きを代行してもらうと便利

会社を設立すること検討する場合には、まず初めに定款の作成を行い設立するのが株式会社の場合は公証役場に定款を持って行き認証してもらう必要があります。

定款は設立する会社の規則を定めた大切な書類で、スムーズに認証されないときには、繰り返し修正して認証してもらう作業を行う必要があります。しかし会社設立を代行する企業はたくさんの設立登記の実績があり、定款を作成する時点で認証されやすいポイントを教えてくれたり認証してもらう手続きなどを、まとめて行ってくれるのです。

定款が認証されると、設立登記をするための準備に本格的に取り掛かることになるのですが、手始めとして資本金を支払って資本金が振り込まれた通帳に記帳を行い払い込み証明書を作成します。払い込み証明書を作成するのは特に難しい作業ではないのですが、会社の将来のための準備が忙しいときなどには会社設立を代行する企業に依頼をすると通帳を記帳して入金されたことを示すページをコピーして決められたフォーマットに準じた払い込み証明書を作成する作業を依頼することも可能です。

資本金を振り込んだら、本社のある地域を管轄する法務局にある登記所で実際に会社設立のための登記手続きを行います。登記の申請をする場合は複数の添付書類を用意する必要がありますし、登記書類を作成する作業などをこなすことも必要です。代行企業に会社設立を依頼したときにはノウハウを活用して迅速な登記申請が可能であるというメリットがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *