電子定款の作り方について

電子定款は、紙面での定款に比べると収入印紙の貼付が不要ということで人気のある選択肢です。

これを作るためには、一般的なパソコンやオフィスソフトとは別に、3つのものが必要です。一つは、PDFファイルなど書き込みができないファイルに対して電子署名を付す機能が付いたソフトウェアです。PDFファイルというとacrobatがまず思い浮かぶでしょうが、無償のacrobatにはこの機能はありません。一応市販はされているものの、有償のソフトウェアを購入するか、既に持っている人に利用させてもらうかする必要があります。

電子定款を作成するために必要な次のものは、電子署名データです。これは紙の上に押す印鑑に相当するもので、その人固有の電子データとなります。役所に行けば、マイナンバーカードにその電子データを入れてもらうことができますので、予め準備しておく必要があります。電子定款を作成するために必要な最後のものは、マイナンバーカードに入れられた電子署名データをパソコン内に取り込むためのカードリーダーです。

最近では電子マネーとか鉄道のICカードなど、いろいろなシーンでICカードリーダーが使われていますのでイメージはしやすいでしょうが、このようなICカードリーダーの汎用版が必要です。これはパソコン周辺機器を販売しているようなお店で特に問題もなく普通に購入することができますので、これも持っていない人は用意しておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *