電子定款を代行業者に頼む利点

行政書士の多くが電子定款の作成の代行をしています。

電子定款を使うと会社設立コストを抑えられますが、作成に必要な機材を購入するのにコストがかかりますので、持っていないとその安さを享受することができません。しかし、こういった代行サービスをやっている行政書士は必要な機材を持っていますので、それを活用してもらうことでコスト削減に綱がります。もちろん代行手数料が発生しますが、それは機材を買うよりも格安であるため、持っていない人が節約したいなら、行政書士がやっている電子定款の作成サービスを利用すると良いです。

電子定款はオンラインで提出しますが、公証役場に取りに行かなければなりません。行政書士の代行サービスでは、この受取についても代行してもらえる場合があります。その場合はお金が多少上乗せされますが、それでも自分で必要な物を買うよりは安くなりますし、手間を考えれば十分お得です。行政書士だけがこれをやっているわけではなく、司法書士や税理士、弁護士なども扱っています。

ただ、行政書士が宣伝を積極的にやっているケースが目立ちます。登記申請も会社の設立には必要ですが、それは司法書士と弁護士しか扱うことはできません。行政書士の中にはそれも含めて扱っているケースもありますが、その場合は合法的にやっているなら弁護士や司法書士と提携しています。それ以外は違法であるため、扱っている場合は提携しているかはチェックしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *