紙よりコストがかからない電子定款

電子定款は紙で作成された定款とは意味付けは同じです。

単に電子媒体で作られているだけであり、法律的な中身の効力などは同じです。ただし、電子定款は会社設立コストを抑えられる点で注目されています。通常の定款と同じで公証役場での認証を受ける必要がありますが、紙には必要な印紙代の4万円が電子定款にはかかりません。したがって、その分得をすることができます。ただし、作成に必要な物を揃えるのに費用がかかり、それが4万円と同程度かそれ以上かかってしまうので、持っていない場合は金銭面で得をすることはないです。

もちろん買った物は別にも使えるのでトータルで見ればプラスなはずですが、会社設立コストを下げたいというニーズには答えられないこととなります。そんな場合は代行業者を使って電子定款を作ってもらうと、持っていなくてもコストが抑えられます。代行業者は1万円未満で作成してくれるところも多く、自分で必要な物を買って作成するよりもコストは下がることとなります。

もちろんそれだけではなく、面倒な作成や手続きも代行してもらうことができれば、その分の時間を別に使えるので効率的です。したがって、コストを抑えたい人だけではなく、手間を省きたいという人にも代行業者は適しています。また、代行業者は行政書士や税理士といった士業の方と提携しているか、士業自身がやっていますので、線も的なことの相談をすることもできるなど、役に立つことは多いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *