電子定款を活用するメリットは

電子定款を使うと、髪と違って印紙代4万円がかかりません。

その他の実費負担は変わりませんから、電子定款を使うとトータルで4万円分は節約できることとなります。ただし、必要な物をそろえるのに4万円程かかります。PDF作成ソフトやICカードリーダライタが必要です。PDF作成ソフトは無料のものだと電子署名を入れられないので買わなくてはなりませんが、これが約35000円ほどです。

ICカードリーダライタはマイナンバーカードの電子証明書を読み込むのに使いますが、数千円程度となりますから、これで合計すると4万円と同等かそれ以上になります。これを見ると、電子定款の安さを必要な物を持っていない人は享受できないことになりそうですが、代行業者を利用すれば享受可能です。代行業者は数千円で定款の認証までを行ってくれます。また、登記申請まで含めても1万円以内でやってくれる業者もありますから、これらを活用すればコストを抑えて会社設立が可能です。

すでに必要な物を持っていても、手続は法律に従って行わなければなりませんので、知識がない人は割と大変です。しかし、そういう方も代行業者を活用すれば楽に会社設立ができますから、持っている人でも活用する利点はあります。自分でやる場合でも、便利なテンプレートツールを探せばネットで見つけることができますから、それを活用すれば比較的簡単に電子定款の作成はできます。自分の環境に合わせて選択すると良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *