電子定款はどんなものか

株式会社より設立費用が安い合同会社で事業をはじめたいと考えている人も多いでしょう。

合同会社を設立するにあたって定款という書類を作る必要があります。活動や組織の目的、商号、住所などを記された書類になります。この定款は紙で作って役場で認証してもらっていました。ですが、今はCDなどの電子媒体での認証も可能で、これを電子定款と言います。電子定款なら収入印紙代4万円が要らないので、会社設立費用を削減することができます。なおインターネット上で認証できると思っている人も多いですが、それはできません。

電子定款をPDF化して電子署名をしたものを申請システムにアップロードしてから、役場に出向いてください。PDFに関しては作成した電子データを保存できるデータのことです。その作業を自分で行うのは難しいかもしれません。行政書士など専門家に任せる方法もあります。電子定款を個人で作成する場合、電子証明やソフトなどの代金が10万円ほどかかるでしょう。行政書士に依頼すれば先方が電子証明やソフトを用意してくれます。電子定款を作る際は色々な書類が必要です。

合同会社は出資者である社員で構成されている会社ですから、全社員の印鑑登録証明書のコピーなどを用意してください。証明書をファックスかメールで送ることもできます。他にも申し込み者本人の生年月日を確認できる書類、運転免許証か健康保険証、あるいはパスポート、住民基本台帳カードなども用意しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *