会社設立と電子定款について

会社設立の際には定款が必須となります。

これがなければ会社を設立することはできません。この定款については、従来は紙面で作成することが一般的だったのですが、電子定款と呼ばれる、紙面ではなく電子ファイルの形で作成することもでき、最近ではこの電子定款が増えてきています。その理由は、費用が安く済むことが最も大きいでしょう。作成した定款には収入印紙の貼付が求められています。

この印紙代は決して安いものではありません。4万円がかかります。ところがこれは紙面での定款にだけ当てはまるもので、電子定款の場合には当てはまりません。電子ファイルに印紙など貼付のしようがないからというような理由だけではなく、別の形でも印紙代相当分を払う必要がないのです。となると誰でも電子ファイルの形で作成するに決まっているのではないかと思われることでしょうが、ここにちょっとした問題点というか、ハードルがあります。

つまり、電子ファイルの形で作成するといっても、単純にワープロ打ちすればそれで済むといった単純な話ではないことです。これは少し考えてみれば分かるでしょうが、定款というのは大事な文書ですから、誰かが勝手に差し替えたり、追記や修正ができてしまうようでは困ります。そのようなことができないような形式で作成する必要があり、普通のワープロソフトではそれは達成できないからです。このあたりは慣れていない人では難しいでしょうから、会社設立に関する専門家の力を借りたほうが良いかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *