会社設立は代行してもらったほうがかえって安い?

会社設立は代行してもらったほうがかえって安くなるケースがあることをご存じでしょうか。

一般的には専門家に依頼をして代行してもらったら時間と手間を節約できる分、お金がかかります。ところが、会社設立に限っていうなら時間と手間を節約できるうえにお金も節約できるという良いこと尽くめになる可能性があるのです。その理由をここで紹介していきましょう。会社設立で必ずかかるコストは、株式会社の場合には21万円前後です。

紙の定款を作成する場合には、印紙代の4万円がかかるので25万円前後になります。合同会社の場合には6万円前後、紙の定款を作成する場合は10万円前後です。こうしてみてみると紙の定款に貼り付ける印紙代の割合が大きいことにお気づきでしょう。電子定款にすることでこの4万円を節約できます。電子定款は自分で作成することも可能ですが、特別な器具が必要になります。時間と手間もかかるので専門家に代行してもらったほうがはやいです。しかも、税理士などの専門家に代行してもらっても2万円程度のコストしかかかりません。

定款の作成だけでなく税金のアドバイスなどさまざまな部分でサポートしてもらえます。税金のアドバイスなどは不要なので2万円でも高いという人は自分で作成するか、もしくは電子定款の作成だけをしてくれる業者に依頼しましょう。電子定款を自分で作成した場合には最低5、000円前後のコストがかかります。それならば電子定款の作成だけを3、000円程度の格安料金でやってくれる代行業者に依頼をしたほうがメリットがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *