会社を代わりに設立する会社設立代行業者

会社設立代行業者の特徴は、発起人に代わって会社設立を行ってくれることです。

会社としてきちんと名乗ることができるようになるためには、法律に定められた要件を満たさなければなりません。代行業者を利用すると、それを自分で調べて行わなくても良くなります。会社設立の経験がある方であればこの点に不安はないはずですが、経験がなければそれができないはずです。しかし業者に会社設立の代行をして貰えばやったことがない人でも円滑に設立することができますし、経験がある人でもその時間を節約して別のことに使うことが可能です。

会社設立代行は、一般の会社や行政書士などの士業が行っています。一般の会社がやっている場合でも、社内に士業の方がいるか提携するなどして行っていますので、大きな役割をはたしているのは士業です。士業といっても様々ありますが、それぞれやれる範囲が異なります。行政書士や税理士が行えるのは定款の認証までです。弁護士と司法書士は、登記書類の作成や登記申請の代理までを行えます。

行えない士業であっても行える士業と提携して最後までやっていることもあるので、詳しくはそれぞれの業者に確認してください。様々な士業が協力してやっている場合もあります。それぞれの得意分野を生かしてくれるので、会社設立も円滑に進みますし、必要な許認可の取得や経営に関する相談なども行えるのが利点です。やってもらえる範囲で料金も異なりますので、いろいろ情報を調べて選択すべきです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *