電子定款とはどのようなものか

電子定款とは、電子媒体で作成した定款のことです。

紙で作成した場合には認証する手続きで印紙代が4万円必要になりますが、電子定款にするとこれが不要になるので得になります。ただし、作成するためのツールを用意しなければならないため、全く持っていない状況で全てを自分で行おうとすると4万円前後の出費になって意味がなくなることに注意しましょう。Wordなどの文書作成ソフトで定款を作成した後にPDFファイルに変換することになりますが、この形式であれば良いというわけではありません。

ファイルの正当性を示すための署名を挿入する必要があり、これに対応しているのが有料のソフトだけになります。これだけでも購入すると3万円以上の出費になります。署名はマイナンバーカードの電子証明書を使うように指定されていますが、そのままでは読み取れないため、ここでもツールの購入が必要です。ICカードリーダライタは安いものでは2000円程度になりますが、マイナンバーカードに対応していることを確認してから購入しましょう。

ツールを用意しただけではファイルの変換はできないので、パソコンの設定をするなど様々な手間があります。ここで問題になるのがパソコンを使うことによる相性で、変換できずに失敗するケースも稀にあります。このような出費や手間を考えると、司法書士などの専門家に依頼するのが無難です。電子定款の作成であれば4万円もかからないので、依頼するのが一般的な利用方法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *