電子定款のメリットと注意点

電子定款のメリットは紙媒体を利用して認証手続きをするときの印紙代である4万円の節約が可能であることです。

経費を削減するために利用されていますが、特徴を理解していないと節約にはならず、手間が増えてしまう欠点もあるので有効に活用するために注意が必要です。電子定款は電子媒体の定款のことですが、どのファイルでも使えるわけではなく、PDFファイルを用います。これも無料で利用できるソフトで作成できるものではなく、有料のソフトでないと機能がない署名を入れる必要があります。

署名はファイルが正当なものであると証明するためのものですが、費用が34000円程度してしまうので、節約できる金額の大半が帳消しになることが問題です。金額では少ないですが、ICカードリーダライタも購入します。2000~6000円のものでマイナンバーカードから署名に使用する電子証明書を読み出すために使うものです。PDFファイルの変換ソフトと合わせると4万円程度になるのでほぼ同額です。

業務でこれらのツールを使わない場合は電子定款を作成するためだけに購入することになりますが、基本的に電子定款は会社設立時に必要なものなので、何度も作成することはなく、ほぼ無駄な出費になります。この対策として、ツールが揃っている専門家に依頼することを検討すると良いでしょう。定款だけ作成すれば変換や認証の手続きを代行してもらえ、金額も安いのでこちらを利用すれば有効に活用できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *