電子定款とはどのようなものなのか

電子定款は企業の基本的な情報が記載されている定款を紙ではなく電子ファイルにしたものであり、会社設立をする際に認証を受ける必要があります。

紙で手続きをすると印紙代が4万円になりますが、電子ファイルは書類として扱われないのでこの費用は不要になります。そのため、電子定款にすることで会社設立に費用の削減が可能です。なお、電子ファイルになっても特別な用途に使えるようなことはなく、節約以外に利用する目的はありません。そのため、利用する際は電子定款の作成に伴う追加費用をどこまで抑えられるかが重要です。

自力で全てを行おうとすると、必要なツールを揃えるだけで4万円ほどかかってしまうデメリットがあるので、ツールを持っていない場合には適していません。ツールの中でもPDF変換ツールが高く、価格は3万円以上です。PDFの変換だけであれば無料のソフトでも行えるのですが、電子定款に使う場合には署名を挿入しなければならず、これが有料版にしかないので購入することになります。

署名にはマイナンバーカードの電子証明書を使うので、読み取りのためにICカードリーダライタも用意します。これは2000円程度の安いものでも機能は十分です。紙のときと比べると、ツールを揃える費用が発生するだけでなく、これを使ってファイルを作成する手間もかかります。これらを考えると専門家に依頼するのが簡単です。ツールを持っているので依頼料が安いところが多く、節約効果を活かせます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *