電子定款の作成に必要なものや流れ

電子定款の作成に必要なものに、まずパソコンと文書作成ソフト、インターネットの接続環境があります。

これらは一般的な家庭でも持っているものなので、これから会社を設立しようとする人が特に気にするものではないでしょう。その他には署名挿入機能付きのPDF変換ソフト、マイナンバーカードから電子証明書を読み出すためのICカードリーダライタを用意しますが、この2つは一般的に所有しているものではなく、合計で4万円程度します。電子定款の作成の流れは文書作成ソフトを使って定款を作った後にPDF変換を行いますが、電子証明書の挿入はそのままでは行えないので法務省からプラグインをダウンロードして設定し、それからPDFファイルへ変換します。

ただし、この前に公証人役場に連絡して内容を確認してもらった方が良いでしょう。認証されると修正ができず、会社設立からやり直しになると5万円が余計にかかります。変換前に確認してもらうのは、PDFでは確認する側が記入ができないからです。作成が終わったら法務省で登録を行い、電子定款を送信するためのツールをダウンロードして設定し、送信して認証されるのを待ちます。

認証されたら必要な書類と電子定款を記録するためのUSBメモリなどを持参して役場まで行きます。このような様々な手間や出費が発生するものなので、電子定款を利用するときは専門家に依頼することも検討すると良いでしょう。料金が安いので、節約できる印紙代の4万円以内の出費に抑えることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *