電子定款の利用は本当に得なのか

電子定款を利用するのが得なのか損なのか、という疑問があります。

これは環境によって異なりますが、電子定款の作成作業を行ったことがない一般的なケースで考えた場合には自分で対応すると損になり、専門家に依頼すると得になる傾向があります。基本的に全て自分で行うことに意味はないので、依頼した方が安くて手軽です。電子定款を利用するときの問題の1つに作成に使うツールの費用があります。PDFファイルには署名を入れる必要がありますが、無料のソフトには機能がないので34000円程度するソフトを購入することになります。

署名にはマイナンバーカードの電子証明書が使われますが、直接は読み取れません。ICカードリーダライタは2000~6000円程度であり、合計すると4万円程度です。これは節約できる印紙代と同じなので、業務でこれらのツールを使わない場合には自分で揃えるとメリットはなくなります。電子媒体であることも問題があります。

紙媒体ではミスがあっても訂正印を使って修正ができますが、電子定款ではこれが行えません。事前に役場で内容を確認してもらってから承認の手続きを行いますが、その後にミスに気付くと最初からやり直しになり、5万円が発生してしまうので節約になるどころか高くなります。このような問題点があるため、電子定款の作成をしたことがない人の場合は専門家に依頼すると良いでしょう。ツールを購入しなくて済み、ミスをする恐れもありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *