電子定款はICカードリーダーで電子証明書を付与

紙の定款では実印を捺印する、印鑑証明書を添付するなどが必要ですが、電子定款の場合は電子データでの認証手続きになるため、普通の実印や印鑑証明書を使うことは出来ません。

電子定款には電子証明書と呼ぶ情報をPDFに付与する、電子署名を付けるなどが必要です。電子証明書は役所で交付を受け、ICカードリーダーを使って情報を読み取りPDFに付与します。電子証明書は実印の印鑑証明書のようなもので、発起人の住所が管轄になっている役所で交付を受けましょう。

この時、住民基本台帳カードを持参するのを忘れないようにする必要があり、交付が完了した後はカードに証明書の情報が保管される形になります。電子定款をPDFソフトで開いて、ICカードリーダーで住民基本台帳カードから電子証明書を読み込みます。ちなみに、ICカードリーダーには接触型・非接触型・共用型などの種類があり、住民基本台帳カードの種類に応じて使えるタイプが変わるため、どのようなタイプのICカードリーダーを買えば良いのかを確認しておくことが大切です。

さらに、ICカードリーダーは公的個人認証サービス対応タイプが必要になるので購入時に店員さんに確認しておくと安心です。電子署名は実印のようなもので、PDFに署名を付与する時には専用のソフトウェア(PDF署名プラグイン)が必要になります。このソフトウェアは法務省などのホームページから無料ダウンロードすることが出来るので、予め準備しておくと良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *