電子定款のメリット・デメリットについて

定款を定める時に紙で作成するのが良いのか、それとも電子定款で行うのが良いのか迷う人は多いのではないでしょうか。

電子定款の場合は印紙代の4万円を節約出来るものの、電子認証の際に電子署名や証明書の添付などでソフトおよびハードウェアが必要です。これらの道具が4万円以内で収まれば金銭的なメリットになりますが、実際購入するとなれば4万円を超える金額になりますし、役所に出向いて電子署名の発行などでもお金が掛かることになります。そのため、電子定款は必ずしも節約が出来るものではないことを把握した上で利用すると良いでしょう。

ちなみに、定款が法的に有効となるためには公証役場の公証人による認証を受けることで初めて有効になるものです。電子定款の場合も、認証手続き自体は電子媒体で行うことは出来ますが、認証済みデータの引き取りは公証役場に出掛ける必要があります。一見、電子認証なのですべてウェブ完結が出来る、認証データもメールで送られて来るなどのイメージを持つ人も多いと言えましょう。

但し、紙の定款の場合は認証手続きのために2度公証役場に出向く必要があるわけですから、それが1度で済むなどのメリットはあります。電子署名の交付などで役所に出向くこともありますが、紙媒体の場合も実印の印鑑証明書の交付を受けるなどで役所に行くわけですから手間自体は変わりません。尚、会社設立代行などに依頼をした場合、大半が電子定款で認証を行うのでこうした専門家に依頼をする方法もお勧めです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *